スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

私のレーザー治療体験談。背中のにきび跡にもゼッタイ効果的なはず!



背中に限らず、にきび跡の治療を考えている人なら、
誰もが関心のあるレーザー治療について、
今回は一緒に概要を見ていこうと思います。


レーザー治療とは、赤み・色素沈着・凸凹を改善するにきび跡の治療法。
もちろん顔だけでなく、背中も含めて全身OKです。


背中のにきび跡の症状によって、
治療に用いるレーザーが異なります。


背中のにきび跡の赤みに対しては、
低出力の半導体レーザーソフトレーザー等が用いられます。
線量の弱いレーザーは、
皮膚細胞の活性化と末梢血行を改善することによって
お肌の新陳代謝を活発にし、炎症をとり除くと言われています。


背中のにきび跡の色素沈着に対しては、
ソフトレーザーによって
沈着した色素を直接破壊・蒸発させることことで
症状の改善をはかります。


背中のにきび跡の凸凹に対しては、
クールタッチレーザー
真皮内のコラーゲン生成を活性化させることによって、
お肌へのダメージを最小限にしながら
凹凸を緩和させることができると言われています。


いいところばかり見ていてもバランス感覚に欠くので、
背中にきび跡のレーザー治療の欠点も見ておきましょう。


レーザー治療では強力な光線を使用するため、
色素沈着や毛細管拡張などのトラブルも報告されており、
治療には施術者の熟練を要します。


また、治療後の患部には数週間以上、
ガーゼを張っておかねばならないという視覚的な欠点があります。


実は私、「ひげ」のレーザー脱毛を経験しています。
効果はもうめちゃくちゃ抜群で、大満足なのですが、
この治療後のビジュアル的な問題には、けっこう困りました。


なるべく仕事の連休を利用して、
人目に触れないでいられる期間が多いときに
レーザー治療するようにしていました。


また、レーザー治療の相場としては、
1回の施術で1万円前後と、回数を要する場合には、
かなり高額になってしまいます。


しかし、これらの欠点を鑑みても、
背中のにきび跡が治療できるのであれば、
レーザー治療はオススメできる方法だと、私は思います。


もちろん、ちゃんとした施術医院・施術者に巡り合うことが大切ですが。



スポンサーサイト
レーザー治療でにきび跡を背中から消す! | 【2007-09-12(Wed) 14:59:10】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

背中のにきび跡を治療する、皮膚科の正しい選び方。



背中のにきび跡の治療には時間がかかります。
早期に治療を始められればいいのですが、
背中のにきび跡は見づらい場所だけに、発見するのも遅れがちです。


腫れや痛みを感じるようになると、
段階としてはかなり進んでいる場合が多く、
すでに幾つか、背中にきびの跡が
できてしまっていることも少なくありません。


自分での治療が難しい背中のにきび跡は、
皮膚科を適切に選べるかどうかによっても、
治療が成功する度合いが変わってくると思います。


皮膚科ならどこでも・・・という訳には行きません。
確かに背中のにきび跡は皮膚の病気なので、
皮膚科に行くことがベストなのですが、
背中のにきび跡治療が得意でないが皮膚科が存在するのも確かです。


「背中のにきび跡なんて、放っておけばイイ!」
そんな考えの皮膚科にかかってしまうと、
背中のにきび跡の治療はままなりません。


背中にきびは様々な要因が絡み合って現れます。
症状が同じに見えても人によってその原因が違います。


「ただの背中のにきび跡でしょ。」
なんて考えの皮膚科や医師に診察を受けると、
毎回同じ薬で症状は治療できず、
体にただ負担をかけるだけになってしまいます。


背中ににきび跡があることで悩んだり、
傷ついたりしている人は少なくありません。


背中のにきび跡についてきちんと知っている皮膚科なら
そんな患者さんの心の痛みまでもきちんと治療してくれると思います。


また背中のにきび跡がかなり酷く、
投薬や食事療法などでは改善できない場合は、
より専門的治療が受けられる皮膚科でなければなりません。


できれば総合病院よりも個人病院のほうが
専門的に治療を受けられる場合も多く、
混雑具合などで判断しやすいと思います。


個人病院は比較的
医師の問診や治療にも時間をかけて受けることができます。
担当医師が入れ替わったりするようなことも無いので、
時間のかかる背中にきび跡の治療にはいいと思います。


生活圏内で自分に合った皮膚科を見つけることができれば、
通院の負担も少なくてすみます。


しかし生活圏内で見つからなくても、
妥協して合わない皮膚科に通い続けるよりは、
やはりきちんと診てくれる皮膚科に通うほうが
結局はいいかもしれません。


皮膚科にもよりますが、自分の話をきちんと聞いてくれる。
自分もきちんと話ができる。
そんな人間関係も背中にきび跡の治療には必要だと思います。



背中にきび跡の治療を皮膚科で! | 【2007-09-12(Wed) 14:38:16】 | Trackback:(1) | Comments(-) | [編集]

胸と背中のにきび治療-服が原因なのでは?


胸と背中ににきびができるようになって、
自分の生活の中で不衛生であったり、不健康な部分を
ずいぶんと見直すようになったんですが、
それとは別にちょっと気付いたことがありますので、
今回は胸と背中にきびの治療に絡めて、
そんなお話をさせていただこうと思います。


服です。洋服。


汗をかく、動きの激しい仕事に従事するようになったこと。
子供ができて、その世話でやはり身体を動かすことが多くなったこと。


このような変化にともなって
私の胸と背中にポツポツとにきびが出来始めたのですが、
「綿」以外の化学繊維などの服を着ていると、
背中とか胸がこすれて、にきびが発生&悪化している気がするんです。


もともと肌が刺激に弱い体質なのもあると思いますが、
汗をよく吸い、通気性もよく、
生地も柔らかい綿100%の服は、
胸や背中のにきびの治療を考えた時に、
やはり他の化学繊維の服よりも効果があると思うんです。


科学的な根拠はないんですが。


実際に私は背中よ胸のにきびの治療の一環と考えて、
綿の服を着用するようにしてますし、
まあまあ効果は上がっていると思います。


背中と胸のにきびを根本的に完治できる治療などでは
もちろんありませんが、
ご参考までに聞いていただければ幸いです。



胸&背中にきびの治療 | 【2007-09-12(Wed) 14:23:28】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

胸と背中にきびの治療-自分でできるコト。



胸と背中、ダブルでにきびに悩まされている人も
多いんじゃないでしょうか。



・・・ええ、私がそうですとも。



胸と背中のダブルにきび(?)の治療には、
他記事で触れているように、様々な方法があるわけですが、
今回は日頃の生活の中で、
「自分でできる」治療を考えてみようと思います。


胸と背中のにきびがやたらとできるようになったのは、
私の場合、仕事を変えてからです。


半分野外のような仕事場で、汗を大量にかきます。
お世辞にも清潔といえる現場ではありません。
ロクでなしの先輩どものおかげでストレスも溜まります。


ですから、本音を言うと、背中と胸のにきびの治療としては、
私の場合、早々に仕事を辞めることだと思っていたりするんですが、
まあ・・・それは措いとくとして、
ちょっとマズイなと思うことが、自分の生活を見直すと
いくつが出てきます。


仕事が忙しく疲れるせいか、
布団を干せていないし、シーツを替えていない。
まくらカバーも洗ってない。
バスタオルは使い回しすぎているし、
お風呂で身体を洗うのに使うボディタオルも
きれいとは言えない。


顔にはローションなどをつけるのに、
背中はそのまんま、何もつけていない。


食事もテキトーだ。


背中や胸のにきびの治療なんて言うと、
すぐに治療薬や皮膚科の話に関心が言ってしまうけど、
ホントはこういう己の日常をしっかり見直すことが、
一番大切なんじゃないだろうか?


・・・そんなふうに考えるんですが、
同じく背中や胸のにきびに悩まされているあなたは、
どう思いますか?




胸&背中にきびの治療 | 【2007-09-12(Wed) 14:13:03】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

背中にきびの治療方法には、どんなものがあるのか。



背中のにきびにはどのような治療方法があるんでしょうか。
背中にきびの種類や症状によっても異なりますが、
最近は様々な治療方法があります。


今回は、代表的な背中にきびの治療方法の概要を
一緒に見ていきたいと思います。


まず・・・
毛穴に皮脂が詰まり白っぽく浮き上がっている背中にきびには
皮脂の詰まりを取り除くケミカルピーリング
背中にフルーツ酸などの成分でできた薬剤を塗布して、
皮膚を少しづつ剥いで、新しい皮膚への再生を促し、
毛穴も小さくなるという治療方法です。
背中のにきびだけでなくシミや美白にも効果があります。


背中にきびが炎症を起こして赤く腫れ上がっている場合には、
レーザー治療を施します。
レーザーフェイシャルとも言われ、
光や熱による殺菌治療方法で、背中にきびの炎症を抑え赤みを取り除く治療方法。


ケミカルピーリングやレーザー治療に加えて、
イオン導入と呼ばれる治療方法もあります。
ビタミンCを肌の深部にまで浸透させ、
真皮までビタミンCを届けますので、普通に塗るより高い効果が得られます。
ビタミンCには抗酸化作用があり、
メラニンを抑えてコラーゲンを産生する力を高める働きがあります。
炎症している最中の背中にきびや、
背中などに跡残ってしまったにきびにも効果的です。


このほかにも内服による治療方法もあります。
体の内側から背中にきびに働きかけを行う治療です。


背中にきびの治療方法はひとつではないので、
自分の背中にきびにあった治療法を医師と相談しながら、
組み合わせて行うのがいいでしょう。
背中にきびはその原因が複合的な場合が多く、
個人で治療していても、なかなか原因の特定が難しく、
治療方法の確定も困難ですからね。


同時に、自分でできる食事生活習慣の管理も、
立派な背中にきびの治療方法のひとつだということを、お忘れなく。



背中にきびの治療方法 | 【2007-09-12(Wed) 13:54:43】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 背中にきび治療 虎の巻 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。